集客が少ない!

某業界団体のセミナーで今回は大物を呼んだので

あっさり集まるかと思ったらぜんぜん集まらなくて

ャバィ・・(-ω-;)

セミナーチラシ

入場無料なんですけど~

ティーグが企画する最後のセミナーなんですけど~

最後の最後に転びそう( ;´Д`)

誰でも入場出来るので暇だったら来て来て!!

blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

うっかり

前にも同じような事があったのにうっかり忘れて

また嫌な思いをしてしまったティーグです(滝汗;)

事の起こりは先月の大雪の夜

この辺であれだけ雪が積もると交通は完全に麻痺しますが

四輪駆動でスタッドレスタイヤを履いたティーグの車だと

問題無く走れます

何しろスキーに行くための車ですから

で、いきなり奥さんが息子に雪道の運転の練習をとか言い出し

ティーグ呆れる

何も雪対策してない車だらけで危険でしょ

雪道の練習するならスキー場のある所まで行った方が

よっぽどまし

と言ったら2月の連休に

日帰りスキーに行く事になってますた(滝汗;)

いや、最初は息子と2人で雪道の運転の練習にいくだけと

思っていたんですけど

なにしろティーグはまだスキーなんてとんでもないって

足の状態ですからね

ところが奥さんと娘も行くことになってて

結局子供達はスノボをするって事になりますた

今年は北関東でもけっこう積雪があるので

栃木の北の方までいけば雪道の練習にはなるな~

くらいしか考えてなかったティーグ

スキーだかスノボだか子供達がする事になったので

ハンターマウンテン塩原で良いかとおもっちゃたんですが

ここ数年、日帰りスキーも行ってなかったのでうっかりしてました

ハンターマウンテンの5キロ以上手前から駐車場待ちの大渋滞

車の中でホームページをチェックすると駐車場は空き有

ただ土日祝日は駐車料金ととるのでその作業の関係で

渋滞してるのかと思ったんですが

1時間たっても2キロ位しか進まないので

電話してみました

すると、すでに満車との返事

ホームページにはまだ余裕ありって書いてあるじゃない!

って言ったら急いで更新しますだって

すでに満車って事は待ってても入れないって事?って

聞くと

そうですね。出て行く車で空が出来たら入れてますって

回答

だったらせめて有料道路のゲート手前で案内すべきじゃないの

Uターンしようにも道が狭くて出来ないし

なんとか歩いて行けるとこまで行って子供を降ろして

ティーグと奥さんは引き返しました

夕方、迎えに行って息子に聞いたら

レンタルスキーとかももう無くて返却待ち

リフト券を買ってそれを見せたらレンタル料割引って

セットプランを買った人はリフト券買っても借りられず

滑れないというパターンもあったらしいよ

と、信じられない対応

そう、以前にも似たような事があって

二度とハンターマウンテンには行くまいと思ったのを

うっかり忘れてました

子供達ももう二度と来ないと言ってました

そしてティーグは奥さんと近くの日帰り温泉施設に行くつもりで

何カ所かリストアップしていたのですが

いざとなったら奥さんが

今日は温泉に入れない日になった・・・・

Σ(・ω・ノ)ノえっ!

仕方ないですねo(TヘTo) クゥ

途中で足湯の看板を見た気がしてたので

とりあえずその看板まで戻って行ってみました

これが大正解

足湯だけの施設なんですが

回廊になっていてけっこう広い

足湯

足湯

ぬるめと熱めに分かれていて

ティーグはぬるめの方だったら何時間でも浸かっていられそう

1時間位ぼーっと気持ちよ~く浸かってました

こんな施設が近所にあったら入り浸っちゃいます

ハンターマウンテンには金輪際行きたくありませんが

この足湯施設にはまた行きたいと思ったティーグでした

blogram投票ボタン

関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

ティーグ

Author:ティーグ
千葉県在住のへっぽこ釣り師です。
なかなか釣行出来ませんが行きたい気持ちでいっぱいです。釣り場で見かけたら一声かけてやってください,喜びます(笑)ただしへっぽこなのでタックル,仕掛けについての質問は厳禁です(滝汗;)
アドバイスしてやってくださいませm(_ _)m

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
独り言
フリーエリア
Follow Me!
置き手紙

いつもありがとうございます!
おきてがみ blogram投票ボタン
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
QRコード
QRコード